Shoyan blog

LATEXチートシート - 数式記号の読み方・表し方

LATEXを使った数式記号の読み方・表し方をまとめました。
数式記号の読み方・表し方の数式を実際にLATEXで表示しています。

1. 数と式

記号 読み方 LATEX表記
aかけるb a \times b
a割るb a \div b
aプラスマイナスb a \pm b
aかけるb a \times b
a割るb a \div b
aプラスマイナスb a \pm b
aマイナスプラスb a \mp b
aかけるb a \cdot b
a小なりb
aはbより小さい
a < b
a大なりb
aはbより大きい
a > b
a小なりイコールb
aはb以下
a \leqq b
a大なりイコールb
aはb以上
a \geqq b
aはbと等しくない
aノットイコールb
a \neq b
aニアリーイコールb
aはbにほぼ等しい
a \fallingdotseq b
aのn乗 a^n
aのm乗のn乗 ( a^m ) ^n
ルートa
平方根a
\sqrt{a}
n乗根a \sqrt[n]{a}
a分のb
b割るa
\frac{b}{a}
絶対値a
aの絶対値
\mid a \mid
xを越えない最大の整数
ガウスx
[x]
a,b,c,… a,b,c,\cdots

2. 関数・写像

記号 読み方 LATEX表記
yイコールf,x
yイコールf,かっこ,x,(かっこ)
y=f(x)
f,インバースx
f,xの逆関数
f ^{-1} (x)
サインx \sin x
コサインx \cos x
タンジェントx \tan x
サイン2乗x \sin ^2 x
ログa,b
aを底数とするbの対数
\log _a x
ログ,x \log x
fマルg
fとgの合成写像
f \circ g
fインバース
fの逆写像
f ^{-1}
XからYへの写像f
X矢印,Y,f
X \stackrel{f}{\to} Y
aをbに移す写像f
a矢印,b,f
a \stackrel{f}{\to} b
xからyへの写像f
f,x矢印,y
f: x \to y
f,x,y
f,かっこ,x,y,(かっこ)
f(x,y)

3. ベクトル・行列

記号 読み方 LATEX表記
ベクトルa
aベクトル
\vec{a}
ベクトルAB
ABベクトル
\overrightarrow{AB}
ベクトルaの大きさ
ベクトルaの絶対値
\mid \vec{a} \mid
零ベクトル
ゼロベクトル
\vec{0}
ベクトルaはベクトルbではない \vec{a} \neq \vec{b}
ベクトルa,bは平行
ベクトルa平行ベクトルb
\vec{a} \parallel \vec{b}
ベクトルa,bは垂直
ベクトルa垂直ベクトルb
\vec{a} \perp \vec{b}
ベクトルaイコールa1,a2
ベクトルaイコール,かっこa1,a2
\vec{a}=(a_1,a_2)
ベクトルa,bの内積 \vec{a} \cdot \vec{b}
行ベクトルa,b
かっこ,a,b,
( a \quad b )
列ベクトルa,b
かっこ,a,b,
\begin{pmatrix} a \ b \end{pmatrix}
m,n行列
mかけるn行列
m \times n
行列a,b,c,d
かっこ,a,b,c,d
\begin{pmatrix} a & b \ c & d \end{pmatrix}
Aの2乗 A^2
Aの逆行列
Aインバース
A^{-1}
Aベクトルx A \vec{x}
零行列 O

4. 微分・積分

記号 読み方 LATEX表記
数列an { a_n }
シグマ,ak,k=1からnまで
シグマ,k=1からnまで,ak
\sum _{k=1} ^{n} {k(k+1)}
n矢印無限大
n無限大
n \to \infty
nが限りなく大きくなるときのanの極限値はα
リミット,n→∞,an,イコールα
\lim {n \to \infty} a_n=\alpha
x矢印a
xが限りなくaに近づく
x \to a
xが限りなくaに近づくとき,f(x)の極限値はbである
リミット,xがaに近づくときのf(x),イコール,b
リミット,x矢印a,f(x),イコールb
\lim {x \to a} f(x)=b
xがaに近づくときのf(x)の右極限値
リミット,xが大きい方からaに近づくときのf(x)
リミット,x矢印a+0,f(x)
\lim {x \to a+0} f(x)
xがaに近づくときのf(x)の左極限値
リミット,xが小さい方からaに近づくときのf(x)
リミット,x矢印a-0,f(x)
\lim {x \to a-0} f(x)
デルタx矢印0
デルタxが限りなく0に近づく
\Delta x \to 0
f,ダッシュ,x f’(x)
y,ダッシュ y’
dy,dx \frac{dy}{dx}
d,dx,f(x) \frac{d}{dx} f(x)
d,dx,f(x) \frac{d}{dx} f(x)
開区間a,b ( a,b )
閉区間a,b [ a,b ]
f,トゥーダッシュ,x f”(x)
y,トゥーダッシュ y”
d,トゥー,y,d,x,トゥー yの第2次導関数 \frac{d^2y}{dx^2}
f(x) d,トゥー,d,x,トゥー,f(x)
f(x)の第2次導関数
\frac{d^y}{dx^2} f(x)
yの第n次導関数 y^{(n)}
f(x)の第n次導関数 f^{(n)(x)}
d,n,d,x,n,f(x)
yの第n次導関数
\frac{d^ny}{dx^n}
d,n,d,x,n,f(x)
f(x)の第n次導関数
\frac{d^n}{dx^n} f(x)
インテグラル,aからbまで,f(x),dx \int _a ^b f(x) dx
F(x),a,b [ F(x) ] ^b _a

5. 集合・理論

記号 読み方 LATEX表記
AはBの真部分集合である A \subset B
AはBを真部分集合に持つ A \supset B
A含まれるB
AはBの部分集合である
AはBに含まれる
A \subseteqq B
A含むB
AはBを含む
BはAを部分集合に持つ
A \supseteqq B
aはAの要素である
aはAに属する
a属するA
a \in A
aはAの要素でない
aはAに属さない
a属さないA
a \notin A
aを要素とする
Aの要素
A \ni a
集合1,2,3,4
1,2,3,4を要素とする集合
{ 1,2,3,4 }
x(の集合)ただしx<6
x<6を満たす集合
{ x \mid x<6 }
AキャップB
A 交わり
AとBの交わり(共通部分)
AインターセクションB
A \cap B
A カップ B
A結びB
AとBの結び
AユニオンB
A \cup B
AイコールB
AはBに等しい
A=B
Aバー
Aの補集合
\bar{A}
空集合
ファイ
\phi
PならばQ P \Rightarrow Q
PとQは同値 P \Leftrightarrow Q
Pでない
Pの否定
Pバー
\bar{P}

6. 確率・統計

記号 読み方 LATEX表記
n,P,r
Pのn,r
パーミュテーション,n,r
_n P _r
n,C,r
Cのn,r
コンビネーション,n,r
_n C _r
nの階乗
nファクトリアル
n!
n,A
n,かっこ,A,(かっこ)
n(A)
P,A
事象Aの確率
P(A)
P,A,B
PのA,B
P,A,かっこ,B,(かっこ)
P _A (B)
xバー
xの平均
\bar{x}
E,X
Xの平均
E(X)
V,X
Xの分散
V(X)
シグマ,X
Xの標準偏差
\sigma (X)
P,かっこ,X=a,(かっこ)
X=aとなる確率
P(X=A)
B,n,p B(n,p)
N,m,σ2 N(m,\sigma ^2)

7. 幾何

記号 読み方 LATEX表記
x度 x \circ
角A \angle A
三角形ABC \triangle {ABC}
l平行m
lとmは平行
l \parallel m
lとmは平行でない l \nparallel m
△ABCと△DEF合同
△ABC合同△DEF
\triangle {ABC} \equiv \triangle {DEF}
ABの長さ
ABのバー
\overline{AB}

8. ギリシャ文字

記号 読み方 LATEX表記
アルファ \alpha
ベータ \beta
ガンマ \gamma
シータ \theta
パイ \pi
デルタ \Delta

参考リンク

Comments