Shoyan blog

Laravelのインストールと動かすまで

PHPで人気のフレームワーク、Laravelを試してみました。

試した感想

Railsと似ているので、Railsでの開発経験があればわりとすんなりと入れそうな印象です。
個人的に app/配下にモデルを突っ込むと荒れそうな雰囲気を感じます(modelsにいれたい…)。
あと、viewを格納するresourcesがapp配下でなくて、トップディレクトリに位置してるのはなんでなんだろうなぁという印象。
今回は動かすところまでしかやっていないので、基本的なCRUDの実装まではしていません。

やったこと

### インストール

まずはcomposerでlaravelコマンドをインストールします。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
  composer global require "laravel/installer"
Changed current directory to /Users/PMAC025S/.composer

Using version ^1.3 for laravel/installer
./composer.json has been created
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
  - Installing symfony/process (v3.0.4)
    Downloading: 100%

  - Installing symfony/polyfill-mbstring (v1.1.1)
    Loading from cache

  - Installing symfony/console (v3.0.4)
    Downloading: 100%

  - Installing guzzlehttp/promises (1.1.0)
    Downloading: 100%

  - Installing psr/http-message (1.0)
    Loading from cache

  - Installing guzzlehttp/psr7 (1.3.0)
    Downloading: 100%

  - Installing guzzlehttp/guzzle (6.2.0)
    Downloading: 100%

  - Installing laravel/installer (v1.3.3)
    Downloading: 100%

symfony/console suggests installing symfony/event-dispatcher ()
symfony/console suggests installing psr/log (For using the console logger)
Writing lock file
Generating autoload files

.bashrc.zshrc にパスを追加します。

1
export PATH="$PATH:/Users/PMAC025S/.composer/vendor/bin"

これでlaravelコマンドが実行できるようになります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
  laravel
Laravel Installer version 1.3.3

Usage:
  command [options] [arguments]

Options:
  -h, --help            Display this help message
  -q, --quiet           Do not output any message
  -V, --version         Display this application version
      --ansi            Force ANSI output
      --no-ansi         Disable ANSI output
  -n, --no-interaction  Do not ask any interactive question
  -v|vv|vvv, --verbose  Increase the verbosity of messages: 1 for normal output, 2 for more verbose output and 3 for debug

Available commands:
  help  Displays help for a command
  list  Lists commands
  new   Create a new Laravel application.

laravel new application_name でインストールします。
Railsっぽいですねー。

1
2
  laravel new blog
Crafting application...

以下の構成で作成されていました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
  tree -L 1 blog
blog
├── app
├── artisan
├── bootstrap
├── composer.json
├── composer.lock
├── config
├── database
├── gulpfile.js
├── package.json
├── phpunit.xml
├── public
├── readme.md
├── resources
├── server.php
├── storage
├── tests
└── vendor

設定

設定情報はconfigディレクトリに保存します。
今回は動かすだけなので設定は変更しません。

データベースを準備する

### データベースのマイグレーション

Laravelに同梱されているartisanというツールを使って作成します。

1
2
  php artisan make:migration create_tasks_table --create=tasks
Created Migration: 2016_04_28_011840_create_tasks_table

database/migrationsディレクトリに作成されます。
2016_04_28_011840_の部分はartisanが作成するので、makeするタイミングによって変わります。

2016_04_28_011840_create_tasks_table.phpを編集して、nameカラムを追加します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<?php

use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Database\Migrations\Migration;

class CreateTasksTable extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::create('tasks', function (Blueprint $table) {
            $table->increments('id');
            $table->string('name');
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::drop('tasks');
    }
}

.envファイルのデータベースの設定を自分のローカルのPCのmysqlに変更します。
デフォルトでは、HomesteadというLaravel開発用の仮想環境の設定です(今回は使いません)。

1
2
3
4
5
6
DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=homestead
DB_USERNAME=root
DB_PASSWORD=

マイグレーションを実行します。

1
2
3
4
5
  php artisan migrate
Migration table created successfully.
Migrated: 2014_10_12_000000_create_users_table
Migrated: 2014_10_12_100000_create_password_resets_table
Migrated: 2016_04_28_011840_create_tasks_table

モデルを作成する

LaravelはEloquentというORMがデフォルトで使われるようになっています。

artisanでモデルを作成します。

1
2
  php artisan make:model Task
Model created successfully.

モデルは app ディレクトリ配下に作成されます。

ルーティング

ルーティングの設定は、app/Http/routes.phpに定義します。
(ルーティングの設定はsinatraっぽい)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
<?php

use App\Task;
use Illuminate\Http\Request;

/**
 * Show Task Dashboard
 */
Route::get('/', function () {
    return view('tasks');
});

/**
 * Add New Task
 */
Route::post('/task', function (Request $request) {
    //
});

/**
 * Delete Task
 */
Route::delete('/task/{task}', function (Task $task) {
    //
});

Viewの設定

LarvelはデフォルトでBladeというテンプレートエンジンを使います。
viewのディレクトリはresources/viewsです。

1
$ mkdir resources/views/layouts

全体のレイアウトのテンプレートとして使うapp.blade.phpを作成します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
 <!-- resources/views/layouts/app.blade.php -->

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
    <head>
        <title>Laravel Quickstart - Basic</title>

        <!-- CSS And JavaScript -->
    </head>

    <body>
        <div class="container">
            <nav class="navbar navbar-default">
                <!-- Navbar Contents -->
            </nav>
        </div>

        @yield('content')
    </body>
</html>

tasks.blade.phpを作成します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
 <!-- resources/views/tasks.blade.php -->

@extends('layouts.app')

@section('content')

    <!-- Bootstrap Boilerplate... -->

    <div class="panel-body">
        <!-- Display Validation Errors -->

        <!-- New Task Form -->
        <form action="" method="POST" class="form-horizontal">
            {!! csrf_field() !!}

            <!-- Task Name -->
            <div class="form-group">
                <label for="task" class="col-sm-3 control-label">Task</label>

                <div class="col-sm-6">
                    <input type="text" name="name" id="task-name" class="form-control">
                </div>
            </div>

            <!-- Add Task Button -->
            <div class="form-group">
                <div class="col-sm-offset-3 col-sm-6">
                    <button type="submit" class="btn btn-default">
                        <i class="fa fa-plus"></i> Add Task
                    </button>
                </div>
            </div>
        </form>
    </div>

    <!-- TODO: Current Tasks -->
@endsection

サーバーを起動する

さて、一通りの設定が整いました。
サーバーを起動してブラウザで確認してみましょう。
以下のコマンドでサーバーを起動します。

1
2
  php artisan serve
Laravel development server started on http://localhost:8000/

http://localhost:8000/ にブラウザでアクセスします。

Taskという文字とフォームが表示されれば成功です!

参考文献

Comments