Shoyan blog

Rails4でlibディレクトリをautoloadするときのルール

Rails4でlibディレクトリに作ったライブラリを読み込むときはautoloadを利用すると便利です。
autoloadを利用するにはファイル名とクラス名がautoloadのルールに則っている必要があります。

autoload のパスを設定する

まず config/application.rb に autoload 用の設定を行います。

config/application.rb

1
2
#to auto load lib/directory
config.autoload_paths += %W(#{config.root}/lib)

これで、lib ディレクトリ以下のファイルが、以降に説明するディレクトリ・ファイル構成と命名の規約に従うと、自動的に読み込まれるようになります。

lib ディレクトリ以下のファイル

ファイル名は小文字、単語の区切りは _ (アンダースコア)にする。
クラス名はアンダースコアの区切りでキャメルケースにする。

以下はファイル名とクラス名の例です。

lib/hoge_fuga.rb

1
2
class HogeFuga
end

lib/hoge ディレクトリにファイルを置くこともできます。

lib/hoge/fuga.rb

1
2
3
4
5
6
7
8
9
module Hoge
  class Fuga
  end
end

# 以下の様にも書けます。

class Hoge::Fuga
end

以下の様な書き方もできます。

lib/hoge_moge/fuga.rb

1
2
3
4
5
6
7
8
9
module HogeMoge
  class Fuga
  end
end

# もしくは

class HogeMoge::Fuga
end

Comments